最後に確認すべきは食事摂取基準かも

国試分析第8回目です。(過去の内容はこちら
国試当日まで、いよいよカウントダウンですね。
直前期だからこそもう1度確認しておいていただきたい内容として、食事摂取基準があります。
昨年は関連する問題が6問出題されており、まさに国試受験には必須の知識なのですが、
出題範囲が幅広いため、カバーしきれていない方が多いようです。
ちなみに、昨年の各問題の正答率はこんな感じでした。

 (合格者の正答率。 「みんなの解答」 をもとに算出)

(合格者の正答率。「みんなの解答」をもとに算出)

特に正答率が低かったのは16087と16088でした。その他の問題もそれほど正答率は高くないですね。実際の問題をみていきましょう。

16087は「ここを聞いてくるか…」というタイプの出題ですね。しかも正解を2つ選ばないといけないので、正答率は下がります。16088は、2015年版の食事摂取基準で取り入れられた概念で、昨年は正答率が低かったですが、今年は正解したいところ。むしろ、もう少し深掘りした出題にも対応できるだけの知識が問われる可能性があります。解説を確認していきましょう。

 いずれもQB管理栄養士2017巻末に掲載

いずれもQB管理栄養士2017巻末に掲載

「出題されることが分かっているのに、なかなか正解できない」というのが、食事摂取基準関連の問題の難しいところ。「暗記しよう」と思って勉強するのはしんどいと思いますが、あと数日なので、ここは腹をくくって暗記することをおすすめします。頑張って!

KAZU ONITAMM