最新の『QB2019』はココが違う!

すでに『QB』を持っていて,新たに『QB2019』を購入しようか迷っている方もいらっしゃるかと思います.そこで気になるのが,「今年の『QB』はどこが変わったの?」というところ.ここでは,『QB2019』の主な改訂ポイント3つをご紹介!


その1. 収録の国試過去問を大幅にアップデート!

近年の『QB』には,おおよそ800問の国試過去問が収録されています.そして,そのうち200問,すなわち約25%の問題が,より最近の国試問題に差し替えられているのです.

『QB2019』では,直近の第32回管理栄養士国家試験(2018年実施)で出題された200問すべてを収録しているのはもちろんのこと,第32回国試で初めて問われた内容(例:光化学オキシダント,高齢者糖尿病の血糖コントロール目標)についてもしっかり解説!つまり,『QB2018』までは収録されていなかった最近の出題内容もばっちりカバーしています!

近年の国試では,「最も適切な」選択肢を選ばせる出題が多く見られるようになったりと,国試の出題傾向は徐々に変化しています.そのため,国家試験の合格を目指すためには,最近の傾向をおさえた対策を行うことが重要です.最新の『QB』を使って,より確実に国試合格に近づきましょう!

qb2019_point_初出内容の解説.png

その2. 最新情報にもしっかり対応!

最新の『QB』では,前年から改定された制度の内容などを,解説文や基本事項にしっかりと反映しています.

特に今年度,平成30年度は,2年に1度の「診療報酬改定」と,6年に1度の「介護報酬改定」が重なった年であるほか,新しい「標準的な健診・保健指導プログラム」が適用されたりと,たくさんの情報がアップデートされました.

膨大な資料の中から,これらの最新情報を自力で追うのはなかなか大変です.しかし『QB』には,管理栄養士国試に関連する情報が抽出・掲載されているので,効率的に最新情報をインプットすることができます!

紙面に掲載したQRコードから,省庁が公開している資料をチェックすることもできるので,調べ物にも便利です☆

qb2019_point_情報アップデート.png

その3. 本誌非掲載の応用力試験が解けるQRコードを新たに掲載!

管理栄養士としての実践的な思考・判断力などを問う応用力試験.その出題数は,第30回(2016年)国試から20問に増え,全問題数の10分の1を占めています.この応用力試験でどれだけ得点できるかが試験の合否に大きく影響するといえますが,応用力試験は教科書の内容だけでは対策は難しいのが現状です.そのため,応用力試験に関しては,過去問演習が特に重要となります.

そこで『QB2019』では,第24回(2010年)以降の国試のうち,本誌に載せきれなかった応用力試験をWEBで演習できるQRコードを新たに掲載しました!たくさんの演習を重ねて,応用力試験特有の問われ方などに慣れておきましょう☆

qb2019_point_応用力試験QR.png

上に述べた3つの他にも,新刊『レビューブック』への参照アイコンが新たに追加されたり,収録図版の内容がより充実したりと,『QB2019』は前半に比べてますますパワーアップしています!

ぜひ,最新の『QB2019』で,第33回国試の合格を掴み取ってくださいね♪

KAZU ONITAMM