QB管理栄養士2019

 

『クエスチョン・バンク管理栄養士国家試験問題解説2019』の誤りを訂正させていただきます.
ご迷惑をおかけしてしまい,誠に申し訳ございません.

最終更新日:2019/2/26
※ 最終更新内容のみ,赤字でお示ししております.

[ページ/問題番号/項目]

【最終更新内容】

[p327/16056/▼主な寄生虫症とその中間宿主/サルコシスティス]
【誤】第一中間:イヌ,第二中間:ウマ
→【正】第一中間:ウマ,第二中間:イヌ

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

[巻頭ⅻ/1,5-AGの基準値]
基準値の単位に誤りがございました.以下の通り訂正させていただきます.
【誤】14~40μg/dL
→【正】14~40μg/mL

[p31/17006/基本事項▼スクリーニング検査成績と疾病の有無との関係]
陰性反応的中率の算出式に誤りがございました.以下の通り訂正させていただきます.
【誤】陰性反応的中率=c/c+d
→【正】陰性反応的中率=d/c+d

[p36/17151/「健康日本21(第二次)」の主な目標]
「こころの健康」の目標値の単位に誤りがございました.以下の通り訂正させていただきます.
【誤】(人口10万人あたり)…19.4%
→【正】(人口10万人あたり)…19.4人

[p50/12015/基本事項▼結核について]
下から2行目の表記に誤りがございました.以下の通り訂正させていただきます.
【誤】BCG接種は、「予防接種法」に規定されている(平成19年〔2017〕年4月施行)
→【正】BCG接種は、「予防接種法」に規定されている(平成19年〔2007〕年4月施行)

[p63/▼地域保健法/第5条保健所の設置]
【誤】保健所を設置できるのは,都道府県,東京都23特別区,~
→【正】保健所を設置しなければならないのは,都道府県,東京都23特別区,~

[p114/問16019/解説(4)]
解説(4)の一行目に誤りがございました.以下の通り訂正させていただきます.
【誤】n-9系多価不飽和脂肪酸であるオレイン酸
→【正】n-9系一価不飽和脂肪酸であるオレイン酸

[p232/▼血液凝固機構/フィブリン(不溶性)→分子架橋されたフィブリンに作用する血液凝固因子]
【誤】凝固因子ⅤⅢ,Ca2+
→【正】凝固因子ⅩⅢ,Ca2

[p317/15058改/問題(2)]
【誤】(2)総発生件数が増加傾向にある.
→【正】総発生件数が減少傾向にある.

[p361/語句説明/【等電点沈殿】]
【誤】たんぱく質は,水中ではpHが高くなると陽イオンに,低くなると陰イオンになり,~
→【正】たんぱく質は,水中ではpHが高くなると陰イオンに,低くなると陽イオンになり,~

[p399/17170/『なぜ?どうして?』の参照章]
『なぜ?どうして?』の参照章に誤りがございました.以下の通り訂正させていただきます.
【誤】1巻 4章
→【正】1巻 5章(p194~195をご参照ください)

[p457/▼基礎代謝量に影響する主な因子/④年齢]
【誤】BMR高い:タロウ4歳←→BMR低い:タロウ24歳
→【正】BMR高い:タロウ24歳←→BMR低い:タロウ4歳

[p567/15126/在宅患者訪問栄養食事指導料2の点数]
【誤】450点
→【正】480点

[p568/16162/基本事項▼栄養管理に関わる介護給付]
居宅療養管理指導費の条件(2)に誤りがございました.以下の通り訂正させていただきます.
【誤】⑵ 単一建物居住者が1 人の場合
→【正】⑵ 単一建物居住者が2~9 人の場合

[p671/15147/解法の要点]
【誤】参照RB-p1243
→【正】参照RB-p243

[p677/▼妊娠高血圧症候群の病型分類]
2018年6月に新しい定義と病型分類が発表されました.
お手数おかけしますが,日本産婦人科学会のHP内のページよりご確認ください.
http://www.jsshp.jp/journal/#clinical 

[p756/▼管理栄養士・栄養士の配置規定/栄養士の必置規定]
【誤】入院時食事療養(Ⅰ)を算定すべき基準を満たす医療保険機関,情緒障害児短期治療施設,救護施設,更生施設.
→【正】入院時食事療養(Ⅰ)を算定すべき基準を満たす医療保険機関,児童心理治療施設,救護施設,更生施設.

[p759/▼栄養士配置基準/軽費老人ホーム]
【誤】軽費老人ホーム設置運営要綱/◯/ ●定員50人以上の軽費老人ホームにはおかなければならない.定員40人未満の特別養護老人ホームと連携を図ることにより入所者の処遇に支障がないときは,特別養護老人ホームの職員と兼務することができる.
→【正】軽費老人ホームの設備及び運営に関する基準/◯/ ●定員40人未満または他の社会福祉施設等の栄養士との連携を図ることにより効果的な運営を期待することができる軽費老人ホーム(入所者に提供するサービスに支障がない場合に限る)においては,おかないことができる.
 

TAKEO SHIMIZU