10/13号

10/13号の解答・解説

解答 2)

解法の要点
うっ血性心不全とは,心臓のポンプ機能が障害され,体循環,肺循環ともにうっ血をきたす状態のことをいいます.右心不全と左心不全の病態と症状を整理しておきましょう.

解説

1)誤りです.肺水腫は左心不全で起こります.左心不全では,肺静脈がうっ血するため,肺水腫や呼吸困難など,肺に関わる症状がみられます.右心不全では,体静脈系のうっ血による症状がみられます.なお,右心不全は左心不全に続発することが多いです.

2)正しいです.悪液質とは,がんだけでなく,さまざまな慢性消耗性疾患における,栄養不良により衰弱した状態をいいます.脂肪量の減少の有無にかかわらず筋肉量が減少し,成人では体重減少,小児では成長障害がみられます.

3)誤りです.心不全では心拍出量が減少するため,交感神経系が亢進されます.それに伴い,レニン・アンギオテンシン・アルドステロン系が亢進するため,血中アルドステロン濃度は上昇します.

心不全の内容は,次のページで確認してくださいね.
『QB2018』p.174~175
『なぜ?どうして?③ 人体の構造と機能/臨床栄養学③』p.54~55


それではまた来週!素敵な週末をお過ごしください☆彡
 

KAZU ONITAMM