10/27号

10/27号の解答・解説

解答 2)

解法の要点
神経系の構造と機能に関して,特に自律神経系(交感神経と副交感神経)が器官・臓器に及ぼす影響は国試頻出ですので,しっかりと確認しておきましょう.


解説

1)誤りです.小腸の運動は,交感神経の興奮で抑制され,副交感神経(迷走神経)の興奮で促進されます.

2)正しいです.交感神経は脊髄から,副交感神経は脳幹と脊髄から起始します.したがって,12対の脳神経のうち,副交感神経を含む脳神経はありますが,交感神経を含む脳神経はありません.

3)誤りです.舌の味覚は,前方2/3は顔面神経,後方1/3は舌咽神経によって伝達されます.また,舌の運動は舌下神経により支配されています.

今回のクイズの内容は,『QB2018』p193~199で確認してくださいね.


それではまた来週!素敵な週末をお過ごしください☆彡

KAZU ONITAMM