12/28号

12/28号の解答・解説

正解 3)

解法の要点

思春期の生理的特徴は頻出です.特に思春期の女子に関する出題は毎年のようにあるので,十分に理解しておきましょう.

解説

1)誤りです.思春期になると,視床下部からのゴナドトロピン放出ホルモンの分泌が増加し,下垂体前葉からの卵胞刺激ホルモン(FSH)や黄体形成ホルモン(LH)などの性腺刺激ホルモンの分泌が増えます.これにより,卵巣機能が発達し,エストロゲンやプロゲステロンの分泌が増加します.

2)誤りです.思春期の女子にみられる貧血の多くは,鉄欠乏性貧血です.これは,身体の発育による循環血液量の増加に対する造血不足や月経の開始などによるものです.

3)正しいです.エストロゲンなどの性ホルモンは,骨へのカルシウム蓄積を促します.そのため,女子では,性ホルモンの分泌が増加する思春期前半(12〜14歳)に,カルシウム蓄積量は増加します.

今回のクイズに関する内容は,『QB2019』p498,『レビューブック2019』p654でチェックしてくださいね.

それではまた来週!

次はもう年始ですね(^_-)-☆

よいお年をお迎えください☆彡

KAZU ONITAMM