3/2号

3/2号の解答・解説

正解 1)

解法の要点
消化管ホルモンにによる胃酸分泌の調節は,国試の頻出事項です.それぞれの消化管ホルモンのはたらきや,脳相・胃相・腸相の流れをしっかり確認しておきましょう.

解説

1)正しいです.胃酸の分泌を促進する迷走神経(副交感神経)は,アセチルコリンを神経伝達物質とします.

2)誤りです.ガストリンは,胃酸やペプシノーゲンの分泌を促進し,胃の運動を促します.胃酸の分泌や胃の運動を抑制するのは,セクレチンです.

3)誤りです.胃酸の分泌を抑制するのは,セクレチンです.ヒスタミンは,肥満細胞(マスト細胞)で生成されるアミンで,消化管ホルモンではありません.

消化管ホルモンについての内容は,『QB2018』p404~405,『なぜ?どうして?⑥基礎栄養学/応用栄養学』p22~23でチェックしてくださいね.

受験生のみなさん,日曜日の国試本番,頑張ってください!
メディックメディアの編集部一同,応援しています☆彡

KAZU ONITAMM