4/20号

4/20号の解答・解説

正解 3)

解法の要点
食中毒の原因菌とその特徴については,国試頻出です.カンピロバクター以外の食中毒についても,しっかり確認しておきましょう.

解説

1)誤りです.平均的な潜伏期間は,カンピロバクターが2~4日以上,サルモネラ菌が12~24時間であり,カンピロバクターの方がサルモネラ菌よりも長いです.

2)誤りです.カンピロバクターは,芽胞を形成しません.なお,芽胞を形成する食中毒菌には,セレウス菌などがあります.

3)正しいです.カンピロバクターは,ニワトリ,ブタなど動物の腸管内に存在し,それらの排せつ物で汚染された食品を介して感染します.そのため,カンピロバクター食中毒は人獣共通感染症としても扱われます.

今週のクイズの内容は,『QB2018』p316,『なぜ?どうして?④ 給食経営管理論』3章でチェックしてくださいね.


それではまた来週!よい週末をお過ごしください☆彡

KAZU ONITAMM