4/6号

4/6号の解答・解説

正解 3)

解法の要点
解糖,糖新生,グリコーゲン合成・分解といった糖代謝や,インスリンの作用については,毎年出題されています.それぞれについて,代謝部位も含めて確認しておきましょう.

解説

1)誤りです.糖新生は主に肝臓で行われますが,一部は腎臓でも行われます.これは,糖新生に必須であるグルコース-6-フォスファターゼが,肝臓と腎臓に存在するためです.

2)誤りです.インスリンは,筋肉や脂肪組織にあるグルコース輸送体(GLUT4)に作用します.肝細胞のグルコース輸送体(GLUT2)は,インスリンの作用を受けません.

3)正しいです.ホルモン感受性リパーゼの活性は,インスリンによって抑制されます.

今週のクイズの内容は,『QB2018』p133,424~425,『なぜ?どうして?⑥基礎栄養学/応用栄養学』2章でチェックしてくださいね.


それではまた来週!よい週末をお過ごしください☆彡

KAZU ONITAMM