10/4号

★解答・解説★

10/4号の解答・解説

—————————————

解法の要点

呼吸器の構造と機能に喚起障害をあわせた問題である.どちらの項目も近年頻出なので,正確に理解しておく.

正解 3)

1)誤り.1秒率は,努力肺活量に対する1秒間に吐き出す空気量の割合である.閉塞性換気障害により低下する.

2)誤り.COPDでは,換気機能の低下を補うために呼吸筋をより多く動かしているため,安静時エネルギー消費量は増加する.

3)正しい.気管支の平滑筋は,交感神経の興奮により弛緩する.アドレナリンは交感神経伝達物質であるため,気管支の平滑筋を弛緩させ,気管支を拡張する.

今回のクイズに関する内容は,『レビューブック2020』p332,p341~342,p345,『クエスチョン・バンク2020』p186,p193,p195でチェックしてくださいね.

それではまた来週!素敵な週末をお過ごしください☆彡

TAKEO SHIMIZU