4/5号

★解答・解説★

4/5号の解答・解説

—————————————

正解 2)

解法の要点

身体活動量の増加や習慣的な有酸素性運動による疾病予防効果については,「社会・環境と健康」および「応用栄養学」分野でも頻出事項なので,しっかりと確認しておこう.

解説

1)正しい.習慣的な運動により,リポたんぱく質リパーゼ(LPL)の活性が亢進し,トリグリセリドの分解が促進されるため,血清HDL-コレステロール値が上昇する.そのため,習慣的な運動は,脂質異常症や動脈硬化の予防につながる.

2)正しい.習慣的な運動は,脳神経細胞の活性化や精神症状の安定をはかり,認知機能やうつ状態の発症と進行を予防する.

3)誤り.習慣的な運動には,骨格筋へのグルコースの取り込みを増加し,インスリン感受性を改善させる.そのため,習慣的な運動は,血糖値を低下させ,糖尿病予防につながる.

今回のクイズに関する内容は,『レビューブック2019』p662~663,『クエスチョン・バンク2019』p504でチェックしてくださいね.

また,厚生労働省の「健康づくりのための身体活動基準2013」および「健康づくりのための身体活動指針(アクティブガイド)」も参考になるので,チェックしておこう!

それではまた来週!よい週末をお過ごしください☆彡

TAKEO SHIMIZU