8/16号

★解答・解説★

8/16号の解答・解説

—————————————

正解 3)

解法の要点

食欲・消化・代謝に関わるホルモンについての出題であり,いずれも基礎的な事項である.それぞれのホルモンの分泌部位と作用を整理しておこう.

解説

1)誤り.アディポネクチンは,脂肪細胞から分泌されるアディポカインで,多彩な生体作用を有する.インスリン作用に関しては,インスリン感受性を増大させる.

2)誤り.TNF-α(腫瘍壊死因子α)は,マクロファージや脂肪細胞から分泌される炎症性サイトカインであり,インスリン抵抗性を増大させることが知られる.

3)正しい.インクレチンは,血糖値依存的に膵β細胞を刺激し,インスリン分泌を促進する消化管ホルモンである.GIP(gastric inhibitory polypeptide) と GLP-1(glucagon-like peptide-1) の二種類がある.

今回のクイズに関する内容は,『レビューブック2020』p217, p219-220, 『クエスチョン・バンク2020』p156, p601でチェックしてくださいね.

それではまた来週!素敵な週末をお過ごしください☆彡

TAKEO SHIMIZU